「ご飯を食べる度にむせる、脳梗塞などの麻痺で後遺症など、食べて飲むことに障害がある部位を特定するために、嚥下内視鏡を使うことがあります。」